忍者ブログ   
admin
  2006年、春。カナダ、モントリオールでの生活が始まりました。 初めての海外生活! だんなのこと、2人の子供のこと、日本への思い・・・。 日ごろ思うことを、ぼちぼち書いていきます。

家族で海外武者修行in Montreal, CANADAもヨロシク 
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらぽちっとしてくださいな♪



   
   
                       
   
だいたい昔話というのは、欲張りなことをしちゃいけないなぁ、とか、こんな悪い人にはなりたくないなぁ、とか、教えてくれるものが多いと思うんだけど、最近読んだ昔話で「?」と思うものが2作品ある。
「海ひこ山ひこ」と「子供は宝」。
「海・・・」の話は、
昔、海ひこと山ひこという兄弟が住んでいました。父親は二人のために「海」と「山」を残してくれていました。海ひこは海で漁をして生活し、山ひこは山で漁をして生活していました。
しかし、山に獲物がいなくなったせいで山ひこは生活に困るようになり、ある日、海ひこに釣竿を貸してくれと頼みました。しかし、海ひこは「俺の大事な釣竿を貸すわけには行かない。お前は山でなんとかしろ。」と言われてしまいます。それでも山ひこは粘り強く海ひこに頼み、釣竿を借りることができたのでした。ただし、「絶対に釣り針をなくすな」という条件付で。
それなのに、山ひこは針をなくしてしまいました。海ひこにひどく怒られ、しかたなく山ひこは釣り針を探しています。すると、海から神様が現れ、海の中の〇〇(名前忘れた)と言う場所の女の人に聞けば見つかるだろうと教えられます。山ひこは海へ入り、無事にその女の人に出会うのですが、その美しさに釣り針のことをすっかり忘れてしまい、3年もそこで女の人と楽しく暮らします。
3年たったある日、やっと山ひこは釣り針と海ひこのことを思い出し、女の人のわけを話しました。女の人は海の生き物に釣り針を探させ、タイののどから釣り針を見つけることができました。
別れの時、女の人は山ひこに「潮満ち玉」と「潮干き玉」を渡しました。
山ひこは陸に戻り海ひこと出会うのですが、3年の間、海ひこは自分一人で山を畑にし生活してきたので、「ここは俺のものだ、お前の暮らす場所なんて無い。」と怒ります。山ひこは「ここはお父さんが二人のために残してくれたものじゃないか」と言いますが、海ひこは聞きません。そこで、山ひこは潮満ち玉を投げます。すると、そこにたくさんの水が現れ、海ひこはおぼれそうになります。次に潮干き玉を投げると、その水はあっという間に引いてしまいました。そして海ひこは言います。「俺が悪かった。お父さんが残してくれたここで、一緒に暮らそう」と。その後二人は助け合いながら暮らしていきましたとさ。

海ひこ、悪くないよね?山ひこのほうが悪いよね。

「子供は宝」と言う話はまた次に・・・。
PR
   


ブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらぽちっとしてくださいな♪



   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
最新コメント
[12/29 よめ]
[12/29 さるぼぼ]
[12/27 よめ]
[12/27 さるぼぼ]
[12/13 よめ]
お天気情報
ブログ内検索
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) 海外武者修行−よめ日記− ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++